たまりば

  芸術・創作 芸術・創作  羽村市 羽村市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2015年05月05日

求められているものを選ばずに使う

刺激を受けた筋肉ってどうしても疲れやすくなるために、どれだけ考えて置けるかが重要になるそうです。

昼間激しく体を動かすと、寝ている間に筋肉が勝手に激しく動き、真相が悪くなってしまうと言われている。でも、でも、昼間疲れた人の中には反対に殆ど動かないままぐっすりと寝転んでしまう、、、昼間に疲れると寝ていることが悪くなると言い切れないわけで、このままだと謎が残されてしまう、、、。

就寝中、一定の姿勢が続けていると、ベットが布団に押し付けられた部分に圧迫され、結構が悪くなる。

寝返りは悪くアンった血行を促されるために、やはり自分にとって本当にススメられているものを使うことが大事。  

Posted by メルシングルンルン at 03:07Comments(0)

2015年03月04日

美味しいものにプラスさせること

いいものを軽やかに食べてやる。私の大好きな餃子い。ご飯お書かずにも、お酒のおつまみにもピッタリにしておきたい。オリーブオイルを使った餃子は美味しくてヘルシーなんですね。中のグは、オリーブオイルを加える事でしっかりジューシーで、食材の持ち味が引き出されて、シンプルな味付けで、美味しさが幾分高めてくれる。このようないい部分をどれだけ高められるかが重要なんですね。

自分にあった高い味わいをどれだけあじわいながら、そして栄養分を吸収していくかも大事だと思う。

ご飯おおかずとして、そして何よりも栄養分を吸収して行うことがすごく大事。ちょっとした味付けで、オリーブオイルを加える事が大事なんですね。  

Posted by メルシングルンルン at 04:03Comments(0)

2015年02月02日

トラブルの果てに


ついつい先のことを焼かこのことを考えてしまう私。でも、今思うのが、どれだけ今の自分を楽しむかが大事ではないかと思う。
カイエンが見込めない場合などには、移動や配置転換などの仕事場が有る。でも、そんなことをいちいち考えてどうなるのか?

職場復帰にあたっては、産業医を中心とした産業保健スタッフや、人事担当が、週二医による環境復帰可能の判断に基づき、主順と面談することなどにより、いろんなトラブルが起こってしまう。こんなこともたやすいことだと私は思っている。

この時、元の職場との問題などで、いろんなことが起こってしまうことも有るはず。そんな時に、自分自身がどのような考え方を持つかが大事になるかと思う。

本当にちょっとしたことだと思うが、自分の中で大きなことになると思うので、うまくチェンジさせることが重要になるはず。  

Posted by メルシングルンルン at 02:03Comments(0)

2014年12月04日

体をちゃんと温めること

知りませんでしたが、心臓の第三としてみぞおち周りが大切だそうです。そのために、冬の時期はちゃんと温めることが重要視されてるんだって。

ふぇ~、結構なにも考えずに、風呂に使っていたんですが、たしかに健康のことや体のことを考えると、温めるところは温めておかなくてはいけませんよね。

そのままにしておくと、血液の流れが悪くなってしまうそうで、体のこと、健康面に対してどうしても体調が悪くなってしまうそうです。これはいけない、危険ですよね。

そのために、体の調子を整えるためにも、血液の循環性を高めるために、ちゃんとしたケアとして体を十分に温めることが重要視されているわけですね。  

Posted by メルシングルンルン at 06:02Comments(0)

2014年11月01日

体のことを考えてケア

揚げ物でしみやシワが増える?そのために、緑葉食野菜と果物を肌に若返るものを意識的に取ることが、お肌をキレイにするためには重要な事になると思います。

そう聞くとどんな食べ物がいいのか?たとえば脂分が大量に含んでいるものは高温で長時間調理したもの。フライドポテトを加熱したソーセージ、唐揚げ、ハンバーガーなど、たまに食べるなら大丈夫ですが、毎日のように食べると太りやすくなるし、しみやシワが増えるのもわかりますね。

そのために、食べるときは一緒に緑黄色野菜を食べること。これが体のことやダイエットを考えると必要なことになると思います。

若い頃だったら大丈夫んなんですが、年齢を考えると、ある程度の工夫が必要になると思います。  

Posted by メルシングルンルン at 01:02Comments(0)

2014年09月30日

有酸素運動で心がリフレッシュ

ダイエットというよりも心をリフレッシュさせるために心がけたいことがあります。
健康づくりで適しているのが、有酸素を取り込みながら行う有酸素運動です。例えば、ウォーキングやジョギング、スイミングなどがこれに格闘します。

それらの内、毎日行うのに最適なのが歩くことなんですね。

年令に関係なく、安全に行いたい胃ですね。

私の場合、毎日のように開いた時間を見つけては散歩に出かけます。歩く距離を増やすために、職場や自宅の最寄駅の一つ前の駅で降りて、歩いたりしています。

運動は鬱に関係なく、健康の維持、増進や体調の改善、生活習慣病の予防につながると思います  

Posted by メルシングルンルン at 18:14Comments(0)

2014年07月20日

体のことを考えてペポカボチャ

最近は健康について、細かれながら、気を使っている私。その中でカボチャに対して注目を浴びています。近年食用としてペポカボチャの重要が急速に高まり、ペポカボチャの産地を名乗る地域も出ているそうです。

特に注目を集めているのは、ズッキーニで、イタリア料理に用いられるズッキーニは、姿はきゅうりによく似ているのですが、これはペポカボチャの一種だそうです。とても健康的な野菜で、ビタミンなども豊富です。

今まで、ペポカボチャがあまり食べられなかったのは、日本人には味が淡白すぎるからだそうです。しかし、欧米食の流行に伴い、ペポカボチャは香味野菜や肉など味の強いものと一緒に煮込むのが一般的になったわけですね。

味と言うよりも、栄養分を求める人におすすめの食品になると思います。
その名がペポカボチャ。  

Posted by メルシングルンルン at 13:50Comments(0)

2014年04月27日

骨も肉も食べる

骨付きの肉はたまらなく好きなんですが、魚を調理するときはせっかうですから骨に含まれるカルシウムを上手に取りたいものです。

この時役立つのが、レモンや酢ですね。小魚は南蛮漬けの用に酢と組み合わせると、骨が柔らかくなり骨ごと食べられると思います。一方で骨付き肉は、レモンや酢を加えて煮込むと骨からカルシウムが溶け出します。煮汁を煮付けたり、とろみをつけて肉に絡めて食べると、カルシウムをもれなく摂取できると思います。カルシウムを鍛えたい人におすすめですね。

とくに、骨ごと食べる人もいますから、私も最近は骨がもろくなっているために、肉も骨も一緒に食べるようにしています。  

Posted by メルシングルンルン at 19:00Comments(0)

2013年12月09日

健康的なことを考えて?

あ~、もうあきらめてしまった。3日ももちませんでしたね。セブンスターを吸うのを辞めてから全然期間たってないのに、、、周りの人はタバコをやめているのに、これでは私くらい、、、って、周りの人に合わせるのも変な話なんですが、お金のこともあるし、来年は税金も高くなりますよね?後ですね、私の中で一番大きな要因が陰茎周りの血の流れが悪くなっていること。これが大きいです。

要するに血液の循環が悪いことで勃起不全が起こっている。とりあえず治療薬のタダシップを利用しているのですが、長期間の服用はあまりお勧めではないといわれています。そんな話を聞くと、まずは原因を治していかなくてはいけないと思い、タバコを止めというと思い努力しているのですが、、、また吸ってしまった、

結構難しいものなんですが、じっくりと考えながら、徐々に辞められたらと思う。こんな気の弱い私なんですが、何とかして来年にはタバコを辞められたらと思うのですが。  

Posted by メルシングルンルン at 21:25Comments(0)治療

2013年11月09日

読みやすい新聞にあっぱれ?

30歳なのでちょっとうれしいことがありました。
私が毎朝読んでいる西日本新聞ですが、11月5日から読みやすくなったのです。それが文字が大きくなったこと。30歳で急激に視力が低下して・・・というのも普段からパソコンやスマフォを使っているからだと思うのですが、、、そんな中で新聞を読むとより一層視力も低下してしまうものです。その中で、文字が大きくなってくれるのはうれしいことです。

事前に予告されていたのですが、紙面いっぱいに大きな文字が並ぶとうれしい。と言いうか、新聞を読む人は年配の人が多いのかもしれませんね。最近はメガネをかけても記事を読みにくくなっていた。紙面あらずいぶんこれから読みやすくなると思う。

こういったちょっとした心がけはうれしいものですね。これからもざっくりと読み上げていくぞ!!!  

Posted by メルシングルンルン at 18:58Comments(0)新聞